メニュー

どちらを選ぶべき?看護大学と看護専門学校

看護大学に進学するメリット

ここ10数年であらゆる4年制大学に看護学部が新設され続けています。看護師を目指す上で、大学に進学するメリットは何なのでしょうか。まず4年のあいだに看護師はもちろん、保健師の国家試験受験資格が得られるのです。またカリキュラムも、理論に重点を置いているため、研究者向きといえます。就職後は専門学校卒業者より基本給が若干高く、幹部への昇任が早いとも言われています。看護師以外(保健師、養護教諭)以外の道も開けやすいという特徴があります。一見いいことずくめで、看護師になるには大学以外ない!と思ってしまいますね。では専門学校はどうでしょう。

看護専門学校に進学するメリット

一昔前まで、看護師になる手段の王道がこの、「看護専門学校」でした。看護大学の乱立に少々押され気味の専門学校ですが、まずあげられるのが学費が抑えられるということ。もともとかかる費用が大学よりも安いのに加え、3年で全課程を修了出来るんです。カリキュラムは3年間の多くの時間を臨床実習に当てていて、技術を習得しやく、就職して現場に出たとき即戦力として活躍出来ると言われているのもこのためなんです。条件を満たせば、卒業後に大学編入することも出来ますので調べてみてくださいね。

結局どっちがいいの?

まず、自分が看護師になってどのように活躍したいのかをよく考えてみましょう。研究者や管理職について現代の看護や病院をリードしていきたいのか、現場スタッフとして日々患者さんに寄り添いたいのか。どちらを選んでも国家試験に受かれば同じ看護師です。でも後で選択肢が広がるという意味では、大学進学の方が良いという意見が多いのも頷けるんですよね、自分の気持ちと学力、家庭の経済事情もふまえて、よく考えてみましょう。

洋服が大好きな人に人気の服飾の専門学校では様々なスキルが身につけられるため、服飾業界で働きながら学ぶ人も増えています。