メニュー

相続税の申告をすることに関して!その相談先とは

相談先としては二つあります

相続税に関することを相談する先としては、まずは税務署があります。申告をするところなのですからこれは当然であるといえます。ちなみに申告書の書き方など実はかなり丁寧に教えてくれるようになっています。そもそもできない人に教えない、という理由がないからです。得をする行為ではないですが、義務でもあります。そして、税務署は正しく申告するための知識に関しては確実に教えくれますから安心してよいでしょう。後は税理士に相談するのもありです。

少しでも節約をしようとする行為

脱税は駄目ですが節税という行為は実はいくらかやる方法があります。要するに相続税を少しでも合法的に減らそう、ということです。そんなことができるのか、と思うでしょうがこれが実は簡単にできます。それが直系の卑属に現金を渡しておくことです。それも年間110万円まで大丈夫です。これが贈与税の非課税枠というものであり、非常に簡単にできる相続税対策として有名です。但し、他に贈与行為をその人に行うと枠を超えることになります。

申告をする時期についてのこと

相続と言う行為は例外を除いて、死んだ場合に起きます。自分がするのか、或いはされる側であるのかはともかくとして、申告をする時期というのがしっかりとあります。認識をしてから、という条件はありますが申告ができる期限もあります。そのあたりの細かい法律に関しても税理士が詳しいですから、そちらに話をしてもらうとよいでしょう。本格的に依頼するのであれば申告に関することはほぼ心配は無用です。素人には難しくてもプロには簡単な申告なのです。

相続の申告を税理士に依頼するには、高額な報酬を支払う必要があるケースがあり、前もって良心的な事務所を選ぶことが肝心です。