メニュー

その手があったか!無料で相続税の相談をする3つの方法

公的機関の無料相談会を利用しよう

区役所や市役所が市民のために、税金や社会保険・福祉などの心配事について相談会を実施していることをご存知でしょうか?自治体が主催する市民向け相談会は、その街に住んでいる人なら誰でも無料で参加できるのが魅力です。相談にのってくれるのは税理士や司法書士、弁護士などのその道のプロフェッショナルたちばかりです。相続税についての相談会もいろいろな自治体で頻繁に開催されています。相続会の内容や日程については、市町村の公式ホームページや市民向け広報、公民館に掲示されているチラシやポスターなどでチェックできます。

都道府県の税理士会に問い合わせてみよう

各都道府県にその都道府県で活動している税理士が加入している同業者団体があります。いわゆる税理士会です。全国各地の税理士会はさまざまな活動を行っているのですが、市民からの税についての相談に答えるというのも、税理士会の役割のひとつです。加入している税理士が、土曜日や日曜日などに交代で相談会を開催している税理士会も多いんですよ。この機会を利用して、日頃の税金についてのお悩みを解決することも可能です。ボランティアとして行っているため、相談料は原則として無料です。

相談無料の税理士をネットで探してみよう

運悪く自治体や税理士会主催の相談会が見つからなかったという人には、ネットで無料相談を受け付けている税理士事務所を探してみるという方法が残されています。「初回の相談に限って無料」「30分間だけ無料」という税理士さんが多いことに驚くかも知れません。今までに税理士に相談したり、仕事を頼んだ経験がある人はどちらかと言えば少数派です。相続で財産を受け継ぐことになって、生まれて初めて税理士さんを探しているという人も多いんです。無料で相談してみて、この人になら任せてみたいと思えば安心して依頼できますよね。

相続税については難しいことが多く、素人ではわかりにくいものです。そこでプロである相続税の税理士に相談するのが一番だと思われます。