メニュー

心理学を学ぶための初心者の方へアドバイス!基本的な事を押さえておこう!

心理学の大きな二つの考え方

心理学には大きく二つの考え方に分かれる事がありますよ。一つは、人は機械的な側面から見た心理学です。脳の働きが作り出す心理について学ぶ様な学問です。もう一つは、心に影響を与える心理的な側面から見た学問です。例えば、嫌いな出来事が起きた場合は、思い出したくありませんよね。人はどうして威張る様な態度をとってしまうかなどの、心理的な作用についての学問です。大学で心理学を専門的に学ぶ場合は、両方学ぶ必要性がありますよ。基本的な二つの考え方に対して押さえておく事が大切です。

観察力を身に付けよう

心理学は、自己満足のためにただ学ぶだけではいけませんよね。実際に、知識を役立てる事が大切であり、役立たせたい思いを持って学ばれている方も多くいます。心理学を役立たせたい場合は、観察力を身につける事も大切な要素の一つです。特にお勧めなのが、デッサン教室に通う事ですよ。デッサンは、細かい部分まで意識を働かせ、それをキャンパスに描き上げる事ですよね。このノウハウは、絵の力量のみならず、細かな視点まで意識を持ち合わせやすくなりますよ。多少の微妙な動きを瞬時に把握する事で、人の奥底に存在する心理的な思いを把握しやすくなります。

心理学は、定まった学問では無い

心理学は、人の心に作用する内容であれば、あらゆる内容が心理学として作り出す事が出来ますよね。極端な話し、コーヒーを飲んだ時の心理について、コーヒー心理学と名付ける学問を作り出す事も出来ます。ただし、国家資格などは共通的な問題を提示しなければなりません。どの大学でも共通的に学ぶ心理学もあります。大学によっては、心理学に特徴を持ち合わせ、学べる内容に多少の差が現れる事もありますよ。自身が何を目指して何を学びたいのかについて明確化してから、心理学を学べる大学について調べる事も大切です。

現在心理学の大学に通う人が増えています。人の心の動きについて学び、職場の人間関係を良好に保つのに役立つといわれる心理学は、今注目されている学問です。

人間学の大学で見つける